せいの内科・内視鏡クリニック|横浜市港南区|大腸カメラ

045-844-8000

大腸カメラ

小さな大腸ポリープの発見も可能

小さな大腸ポリープの発見も可能

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は肛門から内視鏡を挿入し、小さなカメラで直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるのに使われる検査機器です。
他の検査では識別困難だった大腸の色調変化や粘膜面の変化を捉えることができるため、小さなポリープの発見も可能です。

生検のための採取もできる

疑わしい部位が見つかった場合は、生検(ごく小さい組織片を摘まみ出し、顕微鏡などで詳しく調べること)のための採取をすることができます。
40歳以上の方には、一度は大腸カメラ検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

大腸カメラを受ける際の注意点

検査前日

  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査2日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後9時頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝しましょう。

検査当日

  • 検査が終わるまで、指定された常用薬と水以外は飲食しないでください。
  • タバコは吸わないでください。
  • 自動車やバイク、自転車などを自分で運転してのご来院は控えてください。

大腸カメラ検査の流れ

予約

診察にて大腸カメラ検査の予約を入れていただきます。

検査前

前日就寝前に少量の下剤を飲んでいただきます。
当日はご自宅で下剤2リットルほどを数回に分けて飲んでいただき大腸をきれいにします。

検査

1.来院後、便の状態を確認し更衣室で検査着に着替えます。

2.薬を投与するために点滴を始めます。

3.左側を下にしてベッドに横になり、腸の蠕動運動を抑える注射をします。

4.肛門から内視鏡を挿入していきます。

5.途中まで挿入したら仰向けになってもらいます。

6.一番奥まで入ったら、空気を入れ腸を広げて隅々まで観察しながら抜いてきます。

7.ポリープが発見された場合、ご希望によりその場で切除します。

8.検査は15分ほどで終了します。ポリープ切除も行う場合は個数にもよりますが15~30分です。

9.別室に移動し腸にたまった空気を出しつつ休んでもらいます。

(当院では空気の代わりにおなかの張りにくい二酸化炭素を使用しています)

検査後

  • 通常、飲食は1時間後から可能です。
  • 検査当日のお風呂はシャワー程度にし、車の運転や強度の運動は避けてください。
  • 検査終了後、気になる症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。
  • ポリープ切除した場合は1週間程度飲酒や強度の運動は避けてください。また便に血が混じっていないか注意して観察してください。

こんな症状に大腸カメラ検査をお勧めします

  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

このような疾患の検査・診断に大腸カメラは有効です

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態)
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患) など

クリニック概要

医院名
せいの内科・内視鏡クリニック
診療内容
内科、消化器内科
住 所
〒233-0013 横浜市港南区丸山台1-5-7 上永谷医療ビル4F
最寄駅
横浜市営地下鉄 (ブルーライン)上永谷駅 徒歩2分
電 話
045-844-8000
休診日
火曜・日曜・祝日

ビル1階に5台分の共用無料駐車場があります

診療時間

診療時間 日・祝
09:00~12:00
14:00~16:00
(内視鏡検査)
16:00~18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。