せいの内科・内視鏡クリニック|横浜市港南区|腹部超音波

045-844-8000

腹部超音波

腹部超音波とは

腹部超音波とは

超音波は高い周波数の音波で、人間の耳には聞こえません。腹部に向けてこの超音波を装置から発信し、そこから跳ね返ってくるエコー(反射波)を再び装置で受信し、コンピュータ処理をして電気信号に変え、モニターに画像として写し出します。このモニター画像によって各種疾患の診断をするのが、腹部超音波検査(腹部エコー)です。臓器の様子や位置・動きなどがリアルタイムで観察できます。
腹部超音波検査は、X線を用いないため放射線被爆の心配が無く、検査を受ける人の苦痛も伴わず安全です。そのため、産婦人科では胎児の診察にも用いられています。

腹部超音波検査でわかること

腫瘍、ポリープ、結石、炎症などの異常が発見できます。組織の組成には、それぞれ基本的なパターンがあるのですが、腫瘍、ポリープ、結石、炎症などでは周囲の正常組織と組成が異なるため、超音波画像で見ると正常組織との境界にコントラストが生じます。このコントラストから、異常がわかるのです。腫瘍ではその大きさだけでなく、深達度(どのくらい深いところまで達しているか)なども調べられます。

腹部超音波検査の行い方

検査台に仰向けに寝ます。両手を頭の方に上げて手枕をした姿勢をとり、腹部を十分に広く出します。お腹の皮膚と音波を出す探触子(プローブ)との間に空気が入らないようにするために、腹部にゼリーを塗ります。プローブを腹部に押し当て、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など、お腹の中の臓器の画像をモニターで観察します。検査する部位によっては、横向きや座位をとっていただきます。

検査を受けるときの注意

腹部内に空気がたくさん存在すると、画像がよく見えなくなってしまいます。食後は消化管内に空気が発生しやすいため、絶食していただいた状態で検査を行います。

異常があるときに疑われる病気

腹部超音波検査で異常が認められる場合は、脂肪肝、肝硬変、肝のう胞、肝血管腫、肝臓がん、胆石、胆のうポリープ、胆のうがん、胆管がん、膵炎、膵がん、腎のう胞、腎結石、水腎症、腎がん、腹水、腹部大動脈瘤などが疑われます。

クリニック概要

医院名
せいの内科・内視鏡クリニック
診療内容
内科、消化器内科
住 所
〒233-0013 横浜市港南区丸山台1-5-7 上永谷医療ビル4F
最寄駅
横浜市営地下鉄 (ブルーライン)上永谷駅 徒歩2分
電 話
045-844-8000
休診日
火曜・日曜・祝日

ビル1階に5台分の共用無料駐車場があります

診療時間

診療時間 日・祝
09:00~12:00
14:00~16:00
(内視鏡検査)
16:00~18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。